ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント!

2016年02月09日

薬剤師国家試験 合格基準

厚生労働省から「新薬剤師国家試験について」(平成22年1月20日付)の一部改正についての発表がありました。

しかも。この合格基準は第101回薬剤師国家試験より適用されます。
つまり、2016年からですね。

第101回からの合格基準 (以下のすべてを満たすことを合格基準とすること)

1.問題の難易を補正して得た総得点について、平均点と標準偏差を用いた相対基準により設定した得点以上であること

2.必須問題について、全問題への配点の70%以上で、かつ、構成する各科目の得点がそれぞれ配点の30%以上であること

※当分の間、全問題への配点の65%以上であり、かつ、必須問題に対する基準を満たしている受験者は合格となる
※教育現場や受験生の混乱を回避するため


ちなみに、前回です。
第100回までの合格基準 (以下のすべてを満たすことを合格基準とすること)!

1.全問題への配点の65%を基本とし、問題の難易を補正して得た実際の総得点以上であること
2.一般問題について、構成する各科目の得点がそれぞれ配点の35%以上であること
3.必須問題について、全問題への配点の70%以上で、かつ、構成する各科目の得点がそれぞれ配点の50%以上であること

posted by さかちゃん at 00:41| Comment(0) | 薬剤師国家試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

薬剤師
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。